37の病院・医師をまわり、僕はがんを治した

2016年06月19日(日)更新  カテゴリー:おすすめ本

37の病院・医師をまわり、僕はがんを治した(WAVE出版)
福島正伸 著



ガンという病気の治療法は正解がありません。
ガンに関しては医師の言うことがみな違うため、自分の価値観や信念にあわせて最後は自分で判断するしかない状況で、多くの方に支えられながらガンと闘ってきた著者の記録。

これだけ多くの病院をめぐったり、情報収集するのがどれだけ大変だったか。どの医師も「すぐに治療をはじめましょう」ということは共通していますが、副作用や後遺症なども考慮しながら決断するにはそれなりの時間が必要となります。そんな中、社会復帰を信念とする著者が手術を選択肢から除外する場面は命の選択という覚悟が感じられました。

想像をはるかに超える副作用や後遺症がある中でも、諦めずに生きる活力をみつけ、最後まで闘い続けた著者に、読者としてこれからもエールを送り続けたいです。


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑こちらをクリックください

【本記事の作成者:佐藤こうき】
はり・きゅう・マッサージの治療院に2年3ヶ月勤務後、都内の整形外科内科の病院へ勤務し、鍼灸マッサージによる治療を行う。
病院に勤務しながら、東京都北区・豊島区・板橋区・都電荒川線沿線を中心に出張治療を行っている。

お気軽にお問い合わせください
問い合わせはこちら



類似記事:おすすめ本
医療経済の嘘
運の良くなる生き方_六つの心
医療の不確実性
≪腰痛放浪記≫ 椅子がこわい
運命の顔
淳子のてっぺん
森の診療所の終の医療
病気にならない暮らし辞典
さあ、才能に目覚めよう
森川すいめい_困っているひとは今、即、助ける

 
Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る

- Rental Orbit Space -