宮崎中央新聞_人間の幸せ

2016年07月03日(日)更新  カテゴリー:宮崎中央新聞

宮崎中央新聞の記事からのご紹介です。

宮崎中央新聞のサイト
http://miya-chu.jp/

白駒妃登美さんの「先人に学ぶ生き方の極意」の人間が感じる幸せの話です。

人間が感じる幸せは3段階あると言われているそうです。

1段階目は「人から何かをしてもらう幸せ」
2段階目は「できる幸せ」
最高の幸せは「誰かに何かをしてあげた幸せ」つまり「自分が誰かの役に立て、喜んでもらえた幸せ」

この文章を読んで、以前に読んだ坂本光司さんの「日本でいちばん大切にしたい会社」という本の中の言葉を思い出しました。

それは、幸福を感じるのはどんな時かという話で、

①人に愛されること
②人にほめられること
③人の役に立つこと
④人に必要とされること

と紹介されていました。

誰かの役にたって、ほめられて、必要とされることがどんなに大切なことか改めて実感しました。


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑こちらをクリックください

【本記事の作成者:佐藤こうき】
はり・きゅう・マッサージの治療院に2年3ヶ月勤務後、都内の整形外科内科の病院へ勤務し、鍼灸マッサージによる治療を行う。
病院に勤務しながら、東京都北区・豊島区・板橋区・都電荒川線沿線を中心に出張治療を行っている。

お気軽にお問い合わせください
問い合わせはこちら



類似記事:宮崎中央新聞
宮崎中央新聞_野村克也元監督の選手の育て方
宮崎中央新聞_一歩を踏み出すとき
宮崎中央新聞_お客様の立場に立って
宮崎中央新聞_30年経って気付けるミスもある
ありがとうで幸せな家庭に
宮崎中央新聞_質問力を人間関係に生かす
宮崎中央新聞_人間の幸せ
宮崎中央新聞_お互いさまの心
あなたの仕事はなんですか?
宮崎中央新聞_強いチームには笑い声がある

 
Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る

- Rental Orbit Space -