医療にたかるな_医療と寿命は無関係

2016年10月16日(日)更新  カテゴリー:健康知識

村上智彦 著「医療にたかるな(新潮社)」からのご紹介です。



本書の中で描かれている「医療と寿命は無関係」という話が印象的でした。

医療費が高いということは、「住民の健康意識が低く、病人が多い」ということ。
不便な地域だから、医療機関がないから、寒冷地だからといった理由は関係ない。
北海道は未だに検診の受診率が低く、塩分摂取が多く、喫煙率が高く、肥満の割合が高く、健康意識が低い土地柄だから、医療費が高くて平均寿命が短い。
自分たちの不摂生や不勉強を医療に押し付けている。
医療機関や医師の数といった「医療の充実」は人の健康や寿命には関係ない。

結核などの感染症が流行った時代は医療と寿命は大きな関係があったと思います。
しかし、生活習慣病が蔓延している現代においては「個人の健康意識」の差が寿命に関係するという考え方は納得できました。


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑こちらをクリックください

【本記事の作成者:佐藤こうき】
はり・きゅう・マッサージの治療院に2年3ヶ月勤務後、都内の整形外科内科の病院へ勤務し、鍼灸マッサージによる治療を行う。
病院に勤務しながら、東京都北区・豊島区・板橋区・都電荒川線沿線を中心に出張治療を行っている。

お気軽にお問い合わせください
問い合わせはこちら



類似記事:健康知識
養生のヒント_老いてみないとわからない
知らなかった言葉「いざる」
あなたこそあなたの主治医_慢性肝炎
あなたこそあなたの主治医_大衆による医療創造
くすりは正しく使ってこそくすり
体を温めるとすべての痛みが消える
イトオテルミー
養生訓_養生法の要点
養生のヒント_自分の体を過保護にしない
ダイエットの意味

 
Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る

- Rental Orbit Space -