ベッドと畳の施術

2016年10月30日(日)更新  カテゴリー:治療について

以前、往診依頼を受けた患者さんから

「ベッドではなく、畳に布団でも大丈夫ですか?」

と聞かれたことがあります。

治療院や病院で、はりきゅうマッサージの施術を受ける場合、一般的に施術用ベッドで行うことが多いと思います。

ところが、往診で施術をする場合、畳に布団で施術をすることもあります。
(特に高齢の方だと布団で行うケースも少なくありません)

私が通っていた、はりきゅうマッサージの専門学校での実技の授業も全てベッドでの施術を想定して行っていました。

よって、いざ畳の上で施術というと、立ってやるのと座ってやるのとで身体の使い方が異なるため、難しいようです。

私が以前に勤めていた治療院は、ベッドと畳、それぞれの施術環境がありました。

そのため、私はベッドと畳、どちらの環境においても技術レベルに差がなく施術をすることができます。

畳のお部屋の方も気兼ねなく、ご依頼ください。


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑こちらをクリックください

【本記事の作成者:佐藤こうき】
はり・きゅう・マッサージの治療院に2年3ヶ月勤務後、都内の整形外科内科の病院へ勤務し、鍼灸マッサージによる治療を行う。
病院に勤務しながら、東京都北区・豊島区・板橋区・都電荒川線沿線を中心に出張治療を行っている。

お気軽にお問い合わせください
問い合わせはこちら



類似記事:治療について
ベッドと畳の施術
イチロー選手の名言
精神疾患患者への対応に関する勉強会に行ってきました
少しでもよさそうなことをしていくのが治療
どのくらい治療に通うのか その1
キネシオテーピングの勉強会
あんまマッサージ指圧のセミナーに行ってきました
無資格者と有資格者の区別
私が治療家を目指したきっかけ②
マッサージで骨密度が改善した患者さん

 
Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る

- Rental Orbit Space -