神田橋條治_技を育む

2016年12月11日(日)更新  カテゴリー:治療について

「神田橋條治 精神科講義(創元社)」からのご紹介です。



神田橋先生が本書で説明していた「技を育む」の話が印象に残りました。

「術」というのは「技」。医術があって、その積み上げとして「学」が出てくる。
「学」は「知」の中心。「術」は「技」の中心。
学校の勉強はまず「知」から入る。実地の場に出て「技」の方へいく。
学んだ「知」が現場で「技」として使われたことにより、その結果からもう一度「知」が身についていく。
ただ、いきなり「技」が使えるわけではなく、技として応用するときは、個人ごとにひと工夫いる。
自分にあった工夫をすることで初めて自分の技になる。

この話を読んで、今まで自分が学んできた多くのことを「技」に昇華できず、ただ「知」として納得していたことに気づきました。

学んだことを実際に使ってみて、自分なりのフィードバックをして、さらに自分なりの工夫を加えて、それで初めて自分の技になっていく。

「知」も大事ですが、「技」として使っていかないと「知」が育っていかないし、技としても身につかない。

勉強するときの心構えの戒めになりました。



にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑こちらをクリックください

【本記事の作成者:佐藤こうき】
はり・きゅう・マッサージの治療院に2年3ヶ月勤務後、都内の整形外科内科の病院へ勤務し、鍼灸マッサージによる治療を行う。
病院に勤務しながら、東京都北区・豊島区・板橋区・都電荒川線沿線を中心に出張治療を行っている。

お気軽にお問い合わせください
問い合わせはこちら



類似記事:治療について
鍼灸臨床における医療面接
神田橋條治_マニュアルについて
病院への往診
精神疾患患者への対応に関する勉強会に行ってきました
神田橋條治_プラセボエフェクト
キネステティク・クラシックの勉強会に行ってきました
西洋医学的問診
現場の医師-患者関係に学ぶ行動変容学
治療は患者さんの体の微細な変化に気づいていく作業である
無資格者と有資格者の区別

 
Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る

- Rental Orbit Space -