あんまマッサージ指圧のセミナーに行ってきました

2017年05月07日(日)更新  カテゴリー:治療について

先日、あんまマッサージ指圧のセミナーに行ってきました。

日本あマ指医学会
http://www.jamsms.jp/

当セミナーを主催する悠心堂の稲田先生とは、以前に別のセミナーでも教えていただいたご縁があります。

治療とは「治すこと、痛みをとること」ではなく、「体の状態を変化させること」というのが稲田先生の考え方なのですが、これには共感できました。

慢性化した痛みやコリを改善することは非常に難しいです。

「痛みをとること」を目的にしてしまうと、痛みの部位にばかりとらわれてしまい、体全体のことを考えなくなってしまったり、痛みが残っているから治療がうまくいっていないと思い込んでしまいます。

施術することによって、体の状態を少しずつでも変化させていく。それを積み重ねていくことで、筋肉が緩んで体液の循環や血流が改善し、患者さんの体の治る力が増幅していくのだと思います。

その小さな変化を確認するためには観察眼や触診力が重要になってきますが、今回のセミナーではまず体の状態を変化させる基本的な方法として、「捉える・伸ばす・抜く・離す」の手技を学びました。

私にとっては、基本手技の中の「伸ばす」が新しい発見でした。

指圧の基本は漸増・漸減の垂直圧で、それを患者さんの呼吸や筋肉の緩みに合わせて行うということは今までもやっていましたが、捉えたあとに筋線維の方向に「伸ばす」ことで、より筋肉が緩むことが分かりました。

早速、これからの治療に生かしたいと思います。


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑こちらをクリックください

【本記事の作成者:佐藤こうき】
はり・きゅう・マッサージの治療院に2年3ヶ月勤務後、都内の整形外科内科の病院へ勤務し、鍼灸マッサージによる治療を行う。
病院に勤務しながら、東京都北区・豊島区・板橋区・都電荒川線沿線を中心に出張治療を行っている。

お気軽にお問い合わせください
問い合わせはこちら



類似記事:治療について
プロフェッショナルの歯医者
病院への往診
神田橋條治_積極的医療ではなく保護的医療
マッサージの療養費運用について
精神疾患患者への対応に関する勉強会に行ってきました
病ではなく病人を治す
東洋医学的問診
バランスボードを購入しました
理容業界とマッサージ業界の10分施術の違い
無資格者と有資格者の区別

 
Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る

- Rental Orbit Space -