運の良くなる生き方_ 謙虚さがないと運が逃げる

2017/05/28(日)更新  カテゴリー:おすすめ本

西中務 著「 1万人の人生を見たベテラン弁護士が教える「運の良くなる生き方」 」からのご紹介です。



立派なことをしたのに運を落とすことがあるという話にドキッとしました。

「私は立派なことをした。大変に苦労した」

と思うことで高慢な態度となり、それが人間関係を悪くして運を遠ざけるという話は、私も経験したことがあります。

自分が周りのために何かをやると、

「皆のために、やってあげている」

という高慢な気持ちが出てしまいます。

「やってあげている」ではなく、「やらせてもらっている」と思う謙虚な心を忘れない。

良いことをしたときにこそ、謙虚でいられるようになりたいものです。



にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑こちらをクリックください

←[前の記事]現場の医師-患者関係に学ぶ行動変容学

⇒[次の記事]「甘手型」と「苦手型」

 
Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る