ラジオ文芸館

2017年07月02日(日)更新  カテゴリー:その他

先日、ある家に訪問マッサージをしに訪ねたときの話です。

この患者さんは加齢により視力が低下しているため、家ではテレビではなく、ラジオをつけていることが多く、私が伺ったときにもラジオがついていました。

その際、「NHKラジオ文芸館」という話が流れていたのですが、これがすごく良かったです。

ラジオ文芸館は、アナウンサーの語りと音響効果による「聴く短編小説」です。

読み聞かせは、子供の頃してもらった記憶がありますが、大人になってからは初めての経験でした。

普段、私は小説は「目で読む」ことしかしていなかったのですが、「耳で聴く」とまた一味違いました。

声を発する間や、声のトーン、鐘の音や足音といった物音など、目で読んでいるときには感じられない臨場感がありました。

マッサージの時間が決まっているので、短編小説の結末は聴けず仕舞いでしたが、いい経験になりました。


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑こちらをクリックください

【本記事の作成者:佐藤こうき】
はり・きゅう・マッサージの治療院に2年3ヶ月勤務後、都内の整形外科内科の病院へ勤務し、鍼灸マッサージによる治療を行う。
病院に勤務しながら、東京都北区・豊島区・板橋区・都電荒川線沿線を中心に出張治療を行っている。

お気軽にお問い合わせください
問い合わせはこちら



類似記事:その他
美容と介護 同時に取得
世間は広いようで狭いことを実感した出来事
実習生の治療院見学
本の良さを伝えている話
一調二機三声
自転車のメンテナンス
プロフェッショナル_いわた書店
小さな電気屋さんの話
小児科医は代弁者たれ
私の2017年の漢字は「忙」

 
Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る

- Rental Orbit Space -