患者さんの動きの観察

2017年11月12日(日)更新  カテゴリー:アレクサンダーテクニーク

先日、アレクサンダーテクニークのレッスンを受けて気がついたことがありました。

私は、患者さんに何か動作をしていただくときに

「○○がどこまでできるか確認したいので、△△を動かしてみていただけますか?」

と言ったお願いをよくしていました。

たとえば、

「座った状態で胴体がどこまで曲げられるか確認したいので、身体を前に倒していただけますか?」

と言った感じです。

何のために動作をするのか、その目的を説明したうえで動いてもらった方が患者さんにも伝わると思っているからです。

ところが、アレクサンダーテクニークの先生からは、目的を伝えずに日常動作をするようなつもりでお願いしたがよい場合も多いと言われました。

さきほどの例だと、

「座った状態で、身体を前に倒してみましょうか?」

といった感じになります。

なぜなのか。

「○○したいので」と伝えてしまうと、試験をされているようで、かえって身体が固まってしまうことがあるからだそうです。

そうは思わなくても無意識に身体が緊張してしまうこともあるかもしれません。

目的を伝えないで日常行う動作をそのままやっていただく方が、その患者さんの自然な動きが見られるのです。

ただ、患者さんによっては目的を知りたがる方もいるかもしれないので、そのあたりは状況に応じてやっていくのがよさそうです。

また一つ勉強になりましたので、早速臨床でも生かしていきたいと思います。


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑こちらをクリックください

【本記事の作成者:佐藤こうき】
はり・きゅう・マッサージの治療院に2年3ヶ月勤務後、都内の整形外科内科の病院へ勤務し、鍼灸マッサージによる治療を行う。
病院に勤務しながら、東京都北区・豊島区・板橋区・都電荒川線沿線を中心に出張治療を行っている。

お気軽にお問い合わせください
問い合わせはこちら



類似記事:アレクサンダーテクニーク
アレクサンダー・テクニークにできること
アレクサンダーテクニーク
アレクサンダーテクニーク_心地よい家具
実感!無駄な力がぬけてラクになる介護術
アレクサンダーテクニーク 「ある教師の思索」から
患者さんの動きの観察
アレクサンダーテクニーク_レッスンの本質
アレクサンダーテクニーク_抑制と選択
アレクサンダー・テクニーク完全読本
アレクサンダーテクニーク_よい姿勢とは

 
Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る

- Rental Orbit Space -