氣の臨床研究会に行ってきました

2018年01月21日(日)更新  カテゴリー:治療について

先日、三丹塾という氣の臨床研究会に行ってきました。

三丹塾
https://3tan.jimdo.com/

この勉強会では「感覚」を高めることを重視しており、

「気を感じること」
「気の滞りを見つけること」
「気を流すこと」

などを目的としています。

研究会では、体を診て、まずどこが悪そうか、どこに滞りがありそうか、などを見つけていく練習をしましたが、自分では気付かないことも多くあり、勉強になりました。

普段は自分の感覚だけでやっていますが、ベテランの先生と同じ着眼点に気付けたときはちょっと嬉しかったです。

今年は、患者さんの体の状態を観察することを意識して感覚を研ぎ澄ましていきたいです。


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑こちらをクリックください

【本記事の作成者:佐藤こうき】
はり・きゅう・マッサージの治療院に2年3ヶ月勤務後、都内の整形外科内科の病院へ勤務し、鍼灸マッサージによる治療を行う。
病院に勤務しながら、東京都北区・豊島区・板橋区・都電荒川線沿線を中心に出張治療を行っている。

お気軽にお問い合わせください
問い合わせはこちら



類似記事:治療について
私が治療家を目指したきっかけ②
パールズの3つの質問
キネステティク・クラシックの勉強会に行ってきました
プロフェッショナルの歯医者
どのくらい治療に通うのか その2
ベッドと畳の施術
神田橋條治_マニュアルについて
東洋医学的問診
マッサージで骨密度が改善した患者さん
神田橋條治_プラセボエフェクト

 
Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る

- Rental Orbit Space -