病院への往診

2018/02/18(日)更新  カテゴリー:治療について

先日、患者さんのご家族から電話があり、

「病院に入院している患者なのですが、マッサージに来ていただくことはできますか?
 主治医の先生の許可はとってあります」

という依頼があり、病院へマッサージに行ってきました。

こちらの患者さんは、腹水と胸水があるため、自由に横になれず肩と背中が痛むとのこと。
担当の医師に相談したところ湿布が処方されたのですが、痛みは改善されないため、マッサージをしたいということでした。

患者さんが楽に寝られる左を上にした横向きと、座った状態で約60分マッサージをしました。

普段はなかなか眠れないとおっしゃっていましたが、マッサージ中は少し眠ることができたようです。

今回のマッサージで病気を治せるわけではありませんが、患者さんのつらさが少しでも緩和できるのであれば、こういったマッサージも必要だと考えています。


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑こちらをクリックください

←[前の記事]人を大切にする経営学講義_企業経営の目的・使命

⇒[次の記事]実習生の治療院見学

 
Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る

- Rental Orbit Space -