パールズの3つの質問

2018年11月18日(日)更新  カテゴリー:治療について

クライアントに対して3つだけ質問が許されるとしたら、その3つの質問は次のものである。

あなたは何をしたいのですか?
あなたは何をしていますか?
あなたは何を感じていますか?

これは、ゲシュタルト療法で有名な精神分析医のパールズがした3つの質問です。

人間は何かしたいことがあります。
それは目的と呼ばれます。
目的を遂行するために行動します。
しかし、しばしばその行動が目的の遂行にそぐわないために、やりたいことをうまくできません。

ではどうするか。

自分のやりたいことと、自分のやっていることの差に気付くことが必要です。

そのために3つの質問をしています。

あなたは何をしたいのですか?
→ クライアントの目的を明確にする

あなたは何をしていますか?
→ クライアント自身が行っていることに気付かせる

あなたは何を感じていますか?
→ クライアントの目的と自身が行っていることの差に気付くチャンスを与える

この中でも「あなたは何を感じていますか?」という質問が大切で、
この質問をすることで目的と行動の違いに気付いて修正することができます。

これは、介助をするときや、リハビリをする時、自分の体の使い方に気付くときなどに有効な手段となります。

ただ適当に動くのではなく、何がしたくて、今何をしていて、どう感じているのか。

それを意識することで、自分の体への意識が高まり、問題解決の一歩になるかもしれません。

参考文献

「アウェアネス介助論(上巻)」(澤口裕二 著)




にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑こちらをクリックください

【本記事の作成者:佐藤こうき】
はり・きゅう・マッサージの治療院に2年3ヶ月勤務後、都内の整形外科内科の病院へ勤務し、鍼灸マッサージによる治療を行う。
病院に勤務しながら、東京都北区・豊島区・板橋区・都電荒川線沿線を中心に出張治療を行っている。

お気軽にお問い合わせください
問い合わせはこちら



類似記事:治療について
マッサージの療養費運用について
どのくらい治療に通うのか その2
治療と直接関係ないけれど心がけていること
キネステティク・クラシックの勉強会に行ってきました
病院への往診
理容業界とマッサージ業界の10分施術の違い
キネシオテーピングの勉強会
病ではなく病人を治す
マッサージで骨密度が改善した患者さん
鍼灸臨床における医療面接

 
Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る

- Rental Orbit Space -