どのくらい治療に通うのか その2

2015年01月15日(木)更新  カテゴリー:治療について

前回は「どのくらい治療に通えばよいか?」というお話をしました。

それと関連して、今回は「1回のみの治療」と「継続した治療」の違いについてお話しします。

まず一度治療を受けたとします。
それが急性症状であれば、1回の治療で症状がなくなり、その後も日常生活に支障がない状態になることもあります。
しかし、多くの場合は慢性的な症状であるため、一度の治療ではまた元に戻ってしまうことが多いです。



慢性症状の場合、継続した治療が必要になります。
最初の治療で症状が軽減しても、体が慢性的に悪い状態であった場合、体の反応として元の悪い状態に戻ろうとします。
体が元の状態に戻りきる前、つまり、治療により症状が少しでも軽減した状態で次の治療を受けることが大事です。
治療を継続することにより、少しずつ症状が軽減されていくとともに、体が悪い状態に戻ろうとする反応が変わってきます。
それがどのくらいの期間なのかは、個人差があるため一概には言えません。
しかし治療を継続すると、初めて治療を受けたときと比べ、体がどう変化しているのか患者さんご自身が実感されることが多いです。



次回は本内容の続きとして、体調管理・予防に関するお話をします。


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑こちらをクリックください

【本記事の作成者:佐藤こうき】
はり・きゅう・マッサージの治療院に2年3ヶ月勤務後、都内の整形外科内科の病院へ勤務し、鍼灸マッサージによる治療を行う。
病院に勤務しながら、東京都北区・豊島区・板橋区・都電荒川線沿線を中心に出張治療を行っている。

お気軽にお問い合わせください
問い合わせはこちら



類似記事:治療について
精神疾患患者への対応に関する勉強会に行ってきました
神田橋條治_技を育む
理容業界とマッサージ業界の10分施術の違い
鍼灸治療院と比較した病院勤務のメリット
無資格者と有資格者の区別
東洋医学的問診
バランスボードを購入しました
北区の鍼灸院へ行ってきました
治るということ
イチロー選手の名言

 
Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る

- Rental Orbit Space -