子どもが野菜嫌いで何が悪い

2015年03月08日(日)更新  カテゴリー:おすすめ本

子どもが野菜嫌いで何が悪い!(バジリコ)
幕内 秀夫 著



「子どもに無理やり野菜を食べさせる必要はない」という意見を、子どもが野菜を食べたがらない理由や具体的な事例をあげながら説明しており、非常に説得力がありました。

なぜ子どもが野菜を食べたがらないのかを考えずに、別の食べ物に混ぜて野菜を食べさせたり、バランスのよい食事を食べさせようとする母親の苦労が間違っているのがよく分かりました。

私も子どもの頃は野菜が好きではなかったですが、それでも大人になったら自然と食べられるようになりましたし、それで病気になったり困ったこともなかったので、著者の意見には共感できました。

著者の別作「粗食のすすめ」を読んだときも思っていたことですが、現代の食育ブームが如何に間違っているのかよく理解できました。


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑こちらをクリックください

【本記事の作成者:佐藤こうき】
はり・きゅう・マッサージの治療院に2年3ヶ月勤務後、都内の整形外科内科の病院へ勤務し、鍼灸マッサージによる治療を行う。
病院に勤務しながら、東京都北区・豊島区・板橋区・都電荒川線沿線を中心に出張治療を行っている。

お気軽にお問い合わせください
問い合わせはこちら



類似記事:おすすめ本
臨床医のノート
認められぬ病
となりのクレーマー
医療の不確実性
運命の顔
喜びの生き方塾_研修の意味
魔法のメガネ屋の秘密
プロフェッショナルサービスマン
≪腰痛放浪記≫ 椅子がこわい
さあ、才能に目覚めよう

 
Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る

- Rental Orbit Space -