歯医者さんの予防歯科

2015/04/19(日)更新  カテゴリー:健康知識

先日、歯医者さんで予防歯科の検診を受けてきました。

普通、歯医者さんは歯が痛かったり、冷たいものを飲むとしみるといった場合に行くことが多いと思いますが、私が行っている歯医者さんでは、「悪くなる前に行く」ことをコンセプトにしています。

その中でも、特に歯周病の検査が大事だそうです。

歯周病について、「日本臨床歯周病学会」のHPからの情報を引用します。

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。
そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

歯の治療ももちろん大事ですが、その歯を支えているのは歯肉であり、顎の骨です。
そのため、いくら歯を治療しても、その土台となる歯肉や顎の骨がしっかりしていないといずれ歯はダメになってしまうのです。

これは、体の治療についても同じようなことが言えると思います。

腰が痛い、肩が痛い等、痛みが出てから治療院に行くのではなく、痛みが出る前に体のメンテナンスをする。

肩、腰など局所的な治療も大事ですが、体全体を診て土台となっている背骨や骨盤を整えていく。

もし体に違和感がある場合にはそれが進行する前に、違和感がなくても心配な方は定期的にメンテナンスすることをオススメします。

ちなみに、私は歯医者さんに半年に一度行っていますが、体のメンテナンスの場合には
1ヶ月に1回程度がオススメです。


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑こちらをクリックください

←[前の記事]腰痛は脳の勘違いだった

⇒[次の記事]子どもたちが身を乗り出して聞く道徳の話

 
Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る