子どもたちが身を乗り出して聞く道徳の話

2015年04月23日(木)更新  カテゴリー:おすすめ本

子どもたちが身を乗り出して聞く道徳の話(致知出版社)
平光雄 著



小学校の教師だった著者の具体的な経験から語る子どもたちに教えてあげたいことをまとめた書籍。

素直、勇気、感謝、礼儀、配慮、注意、誠実、忍耐、根気など、生きていくために必要なことが、子どもたちに理解しやすいよう分かりやすく説明されていました。教育者だけでなく、子どもを育てる親や、部下に指導する上司の視点でも十分に役に立つ内容だと思います。

個人的に印象的だったのは「感謝」と「注意」です。

「感謝」は、「~してくれない」と思う気持ちをどう改善するか。「ありがとう」の反対語は「当たり前」。何かをしてもらうのが当たり前だと思っている人は感謝の気持ちがないという話は、子どもだけでなく、大人にも当てはまると思いました。

「注意」は、例えば何かが出しっぱなしになっていることに気付くかどうか。気付いたのに片付けないのは無責任。じゃあ気付かないのは?それは「ぼんくら」といって、気付かないことも悪であることをしっかりと教える必要があるという内容は共感できました。


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑こちらをクリックください

【本記事の作成者:佐藤こうき】
はり・きゅう・マッサージの治療院に2年3ヶ月勤務後、都内の整形外科内科の病院へ勤務し、鍼灸マッサージによる治療を行う。
病院に勤務しながら、東京都北区・豊島区・板橋区・都電荒川線沿線を中心に出張治療を行っている。

お気軽にお問い合わせください
問い合わせはこちら



類似記事:おすすめ本
治療の書
37の病院・医師をまわり、僕はがんを治した
喜びの生き方塾_研修の意味
跳びはねる思考
笑って死ねる病院
≪腰痛放浪記≫ 椅子がこわい
認められぬ病
へろへろ_宅老所よりあいの人々
森川すいめい_人生はなにかあるもんだ
営業の神さま

 
Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る

- Rental Orbit Space -