動くことの重要性

2015年10月04日(日)更新  カテゴリー:健康知識

現代社会では、平均寿命が伸びて長生きする人が多くなった反面、麻痺や拘縮(関節の動きが制限された状態)で思うように体が動かせない人が増えています。

人間は動物であり、体を動かすことにより生活をしています。

体を動かさなくなると廃用症候群といって、筋力が落ちたり、骨がもろくなったり、心臓の機能が低下したりします。
また、うつ状態や認知症にもなりやすくなります。

体を動かすというと、スポーツクラブでやるようなマシンを使ったトレーニングやスクワット等の運動を想像する方が多いと思います。

ただ、本当に大事なのは、自分にできる範囲で、少しずつでもよいので体を動かすことが大事です。

例えば、

・寝転がりながら、足をあげたり、足首を動かしたりする
・座った状態で、足踏みや腕を振ってみる
・片方の手足しか動かない場合でも、動くほうの手足を大きく、ゆっくり動かしてみる

ということだけでもよいのです。

これらの動きで劇的な改善は難しいかもしれませんが、今より悪くならないように現状維持をするというのも大事だと思います。

参考文献:
要介護3・4・5の人のための在宅リハビリ(医歯薬出版)



にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑こちらをクリックください

【本記事の作成者:佐藤こうき】
はり・きゅう・マッサージの治療院に2年3ヶ月勤務後、都内の整形外科内科の病院へ勤務し、鍼灸マッサージによる治療を行う。
病院に勤務しながら、東京都北区・豊島区・板橋区・都電荒川線沿線を中心に出張治療を行っている。

お気軽にお問い合わせください
問い合わせはこちら



類似記事:健康知識
動くことの重要性
いのちを呼びさますもの _治ると治すのプロセス
養生のヒント_三つの休め
地域で暮らす高齢者の自立について①
心も体もすこやかに花ひらく!「笑い」がもたらすチカラ
地域で暮らす高齢者の自立について②
知らなかった言葉「はばったい」
養生のヒント_老いてみないとわからない
養生のヒント_歓びも悲しみも力になる
医者に頼らず生きる_ストレスの耐性をつけよう

 
Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る

- Rental Orbit Space -