治療方針について

本来、からだには自分で病気を治そうとする自然治癒力が備わっています。
それが、日々の疲労、冷え、ストレス、不規則な生活、偏った食生活などにより自然治癒力が機能しにくくなります。

私の治療方針は、現在の症状を軽減させるのと同時に、からだが本来もつ自然治癒力を活性化する治療を行います。

患者さんに十分な説明をし、ご自身が積極的に病気を治そうという気持ちに働きかけ、患者さんと治療者が共に治癒・健康増進にむかうことを第一の治療方針としています。

治療に関して、分からないこと、心配なことがありましたら、遠慮なくおっしゃってください。

治療内容

からだは、以下の経過で悪くなっていきます。

①歪みの発生:日々の生活習慣の中で発生してきます。
②感覚の異常:どこかおかしい、なにか違和感があるという状態です。
③機能の異常:具体的な痛みやからだの異常が出てくる状態です。
④器質的破壊:精密検査を行い、病名の診断ができる状態です。

まず最初にからだの基礎構造がゆがみ、からだの働きが悪くなる。その結果、からだが痛みの信号を送って警告します。
さらに進行すると、例えば胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの現代医学の診断名がつく病気になるという流れです。

状態としては、④になると回復に時間を要する、または回復が難しくなるため、
②、③の状態のうちに治療を行うことが大切です。

私の治療の流れは、以下の通りです。

治療の流れ (1)医療面接
はじめに現在の症状、経過、日常生活で困っていることなどを伺います。

(2)身体診察
主に、首、肩、背中、腰の状態を観察し、からだのゆがみ、凝りの状態を確認します。

必要に応じて、肩や膝、からだ全体を動かしながら、痛みや違和感が起こる状態を再現します。

これは、患者さんがどんな動作がつらいのかを把握するとともに、治療前後でからだの状態がどう変化したかを確認するためです。

(3)治療
あんま・マッサージ・指圧、はり・きゅうを用いて治療を行います。
どの治療を用いるかは患者さんのからだの状態をみて決めます。

例えば、
・凝りが強い場合 →
マッサージでからだ全体の緊張を緩和してから鍼を行う
・冷えがある場合 →
お灸とマッサージを併用して血流を改善していく
という流れです。

鍼は滅菌消毒済みの使い捨ての鍼を使用します。
お灸は温灸(からだを温める)、透熱灸(皮膚に刺激し免疫機能を活性化する)を行います。

(4)症状の確認
治療前後で症状がどう変化したか確認します。
慢性の症状については1回の治療で大きく変化しないこともありますが、
患者さんの主観的変化と、施術者側の客観的変化の双方を確認します。

(5)養生に関するアドバイス
症状を悪化させないポイントや、簡単なストレッチなど、
 ご自身でできる養生を助言させていただきます。

病気を治すのは患者さん自身のからだです。
私はそのきっかけを提供するだけです。
そのため、患者さん自身が積極的に病気を治そうという気持ちに働きかけ、
患者さんと治療者が協力して治療を行っていきます。


Copyright(c) 2014 佐藤はり・きゅう・マッサージ出張治療(西ヶ原、西巣鴨、巣鴨、大塚他). All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る